東光寺 水明

法要資料
東光寺だより
『情熱に勝る能力なし』
「鈍刀を磨く」坂村真民の詩より

鈍刀をいくら磨いても無駄なことだというが
何もそんなことばに耳をかす必要はない。
せっせと磨くのだ
刀は光らないかもしれないが磨く本人が変わってくる
つまり刀が《すまぬすまぬ》と言いながら
磨く本人を光るものにしてくれるのだ
それが甚深微妙の世界だ
だからせっせと磨くのだ

東光寺池の鯉と池に移った紅葉

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です