しつけ

今日は土曜日なので、打ち合わせが二件ありました。
いずれも市内だったので、珍しく遠出はありませんでした。

最近は、エコポイント関係の窓改修、クロスの貼替、カーテンの取替え、
畳の取替え等の細かな工事の問い合わせが多くなりました。
暮れが近づいたせいか?不景気のせいか?
いずれにしても、建築業界を取り巻く環境は非常に厳しいものがあります。
腕の良い職人が生き残れるよう努力しているのですが、
なかなか仕事探しが大変です。
協力会社の話を聞いても良い話が聞けません。
結局、前向きに努力するしか道はないように思えます。

今日は親戚で芋がらを届けてくれました。
皮を剥ぐのが大変な作業ですが、妻が一人で頑張っていました。
折角、皮を剥いで干してもカビが生えたり、だらだらになって腐ってしまい
失敗の時もあります。
難しい作業だそうです。
子供の頃は大嫌いで、煮込みうどんに芋がらが入っていると除けてうどんだけ食べていました。
その当時、我が家にはしつけに厳しい祖父がいて、見つかると次回は何も食べさせてもらえなかった思い出があります。
その祖父のお陰で、私は食べ物の好き嫌いがありません。
何でも美味しく食べられます。
子供の頃のしつけは大事なんですね。

 

http://www1.ocn.ne.jp/~toda-k/

Follow me!

前の記事

デート

次の記事

妙義山中間道