家の寸法の違い

今日は忙しかった。
小さな現場がいくつか重なっていて、現場周り。
中でも台所改修の現場には午前、午後と2回行ってきました。
壊しが終わり、基礎工事をやる為の基本墨を出す作業に入ったのですが、
既存台所の寸法が合わないとの報告。
現場に行って見たら、微妙に違う。
昭和30年代に建てた家なので、今の差し金の寸法と同じはずなのに。
2間(ニケン)は3636mmなのに、45mm長い。
でも、それに合わせて造るしかない。
まさか、関西間で造った訳ではないだろうに。
ちなみに、日本中同じ寸法で家を建てていた訳ではありません。
九州間、関西間、関東間、田舎間等と微妙に寸法が違っています。

フリーマーケットのソバ打ちの実演です。
いつの間にか、腕をあげましたね。
道具もすべてこだわりの一品です。
勿論、そば粉はお気に入りのそば粉を長野から直送してもらうそうです。
趣味の世界だけではもったいない。
プロになっても充分やっていける。

 

おそばⅡ.jpg

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です