長期優良住宅見学会

昨日は日野市で『構造見学会』を開催しました。
チラシも撒かず、ただ現場に手書きの看板を、一週間前に出しただけでした。
地元で見学会をやる時は、新聞の折込チラシを撒き、戸栄会の協力も得て、
10人以上のスタッフで少々ハデに?やるのですが、今回は私と妻のみ・・・。
構造見学会は、以前やった事があるのですが、あまりの不評でしばらくやってなかったです。
でも、今回は長期優良住宅の必須事項に入っています。
驚いた事に、10時~2時半まで、お客さんが途切れることなく来場してくれました。
たぶん、日野市周辺(何処でもかな)では、地元の工務店が施工している現場を
見る機会が少なくなってきていることと、
もう一つは、オール国産材で骨太(桧、12cm)構造が珍しく、多くの人が足を運んでくれた、
要因のような気がします。

色々な、お客さんと話ができ、勉強になりました。
もっともっと工務店が頑張らなくては、伝統技術がなくなってしまいます。

見学会.jpg

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

次の記事

気密測定