家を造る

最近のお施主さんは、最初に予算ありきで、予算内で収まるからと言って、
平気でローコスト住宅に走ってしまう傾向にあります。
人間の基本的欲求の衣食住のうちで、高額の住を衣食と同じレベルで考えている人が多いようです。
どんな家に住みたいか、家族のライフスタイルを実現するにはどうゆう家が必要か、
最初にしっかり考えるべきです。例えば子供達に、近隣に気兼ねなく大きな声で
遊ばせたいなら、遮音、防音性能に優れたハイグレードな家を建てるべきですし、
環境に優しい家に住みたいなら高気密・高断熱の家で、少エネに役立つ住まいや、
長持ちする家を造るべきだと思います。
家を造るのに大切なことは、家を造ることによって、何をしたいか?
何を変えたいか?何に期待したいかをしっかり考えるべきです。

今日は少し硬いブログになってしもうた。
今夜は三日月。
妻が『我が家からは、空の見える範囲が狭いので、月がすぐ隠れてしまう』と
嘆いていました。
何を言ってるのか分りますか?
そう・・・ 谷底みたいなところに住んでいます。
だから住人は皆、カニさんみたいに目が飛び出ている。
それは冗談です。
私はどちらかというとフランス系の奥目です?????
それは冗談かどうか、一度ブログで公開しますので、判断は各自、自由です。


 http://www1.ocn.ne.jp/~toda-k/ 


 


 


 


 

Follow me!

前の記事

山菜採り

次の記事

千鳥破風板