エコガラス(LOW−E複層ガラス)

エコガラス(LOW-E複層ガラス)
冷暖房がなかなか効かない、結露が多くて拭くのが大変とかカビが生えて困るなどで、
困っている家庭が多いようです。
又、築20〜30年経過した住宅では、冷暖房の効率が悪く
光熱費が高くなるケースがあるようです。
そこで、注目されるのがエコガラスです。エコガラスの構造は2枚のガラスをセットした複層ガラス(ペアガラス)の内側に特殊な金属(LOW-E膜)コーティングしたものです。
可視光線を殆ど通しながら、高断熱性と遮熱性能を発揮します。
又赤外線、紫外線を大幅に防ぎ、日焼けやインテリアの退色を防ぎます。
1年中室温を一定に保つことができるので、冷暖房費の節約になりますし、CO2削減に大きく貢献できます。
投資型少エネ改修減税制度が利用できる商品です。

夕方、エコキュートとI・Hクッキングヒーターに入れ替えて、オール電化に変更する
お宅に打ち合わせに行きました。
その家のご主人はとっても農業に詳しい人です。
事務所を出る時、妻に『スイカの育て方を教えて貰って来て』と頼まれました。
色々と細部にわたり教えてもらいましたが、そのなかでも興味深い話がありました。
落ち葉、鶏糞、牛糞は腐る為に発酵する。
発酵するには、酸素が必要になる。
発酵以前の肥料を土に入れると、発酵するために大量の酸素が必要になり、土が酸欠状態になり、野菜に悪影響を与えるそうです。
又、野菜の根の近くにあると、熱が出て根を枯らしてしまうそうです。
発酵済みの腐葉土、発酵済みの鶏糞、牛糞、を使用するよう指導されました。
この話を帰って妻に話すと『農業って奥が深い!』って感激していました。
『建築って 奥が深い!』って誰か感激してくれないかな〜。
http://www1.ocn.ne.jp/~toda-k/ 


 




 


 


 








 


 

Follow me!

次の記事

電気の単位