坪いくら?

いまだにお客さんに『おたくは、坪いくらで出来ますか?』という質問を受けます。
ハウスメーカーさんはともかく、ローコスト系住宅会社は、よく坪00円で住宅が造れますと、パンフレットとかチラシで宣伝しています。
でも、坪いくらの中に何を含むかの法規制がありません。
今のところ、各社自分の好きな工事内容で坪単価を出してかまわないのです。
ひどい会社は基礎までも抜きます。その理由は地盤調査しないと基礎の形状が
分らないので、見積り金額に入れないそうです。弊社では別途金額がかからないようにカーテン、エアコン、床暖房、外部給排水、外部電気工事、照明器具等も見積もり金額に入れます。
当然坪単価は上がります。
又、施工面積と称してバルコニーや玄関ポーチ等も坪面積に参入して、坪面積を増やして、結果坪単価を安くします。
我々は、良心的に追加工事をなるべく出さず、請負金額で押えようと努力しますが、
ローコスト系は、請負金額は安めにして、追加工事で儲けようとします。
事実、追加工事費は会社の好きなだけ請求できるという話を聞いたことがあります。
近年、国土交通省もお施主さん保護の法律を数多く作りましたが、こんなことから
決め事を作っていかないと、お施主さん保護にはならないと思います。

今日、父が無事退院することができました。
午後に病院から連絡をもらい、検査の結果、何処も異常がないということでした。
早速、妻に迎えに行って貰い、家に帰ることができました。
結局、父は2泊しただけで、今夜から家のベットで寝られます。
高齢なので心配したけど、本当に良かったです。
http://www1.ocn.ne.jp/~toda-k/ 


 


 


 


 


 

Follow me!

次の記事

材木の産地