電気容量

東京電力さんと契約を結ぶ場合、契約容量を決めます。
電気器具の一般的な目安として
照明(合計)          3A
テレビ             2A(液晶32型) 5A(プラズマ42型)
冷蔵庫(450Lクラス)    2A     
掃除機             2〜10A(弱〜強)
ヒーター式洗濯乾燥機   2A(洗濯時)  15A(乾燥時)
電子レンジ(30Lクラス)  15A
IHジャー炊飯器       12、5A
電気カーペット(3帖用)   8A(全面) 4A(半分)
アイロン            14A
ヘアードライアー       12A
食器洗い乾燥機(100V)  13A
IHクッキングヒーター     20〜30A(最大使用時58A)
インバーターエアコン(8〜12帖用)6、5A(冷房) 7、5A(暖房)
(立ち上がり時)           12A(冷房)  20A(暖房)
例えば、
照明(3A)+IHジャー炊飯器(12,5A)+冷蔵庫(2A)+テレビ(2A)+インバーターエアコン(7,5A)+
IHクキングヒーター(30A)=57A
この場合57アンペアの電気を使っていることになりますが、若干多めの60アンペアが契約の目安になります。
ただし、生活習慣や同時に使用する器具を工夫する等で、
容量を小さくすることもできます。

今日は一日早く、娘から父の日のプレゼントが届きました。
私の好きなゴルフボール、ツアーステージV10でした。
手紙には『ココロもカラダも健康が一番だから、そろそろノンビリしなよー』
と言う内容でした(ウルルン)
『まだまだ若い大工さんが付いてきてくれてるので、ノンビリするわけには
いきません』 父より。
やりがいのある仕事にめぐり合えて幸せです。
http://www1.ocn.ne.jp/~toda-k/ 


 


 


 


 


 

Follow me!

前の記事

パール 子ウサギ

次の記事

剣岳