ジャガイモの収穫


午前中は、ジャガイモの収穫をしました。
父が88歳の高齢で、ジャガイモの収穫が大変なので、手伝いをしました。
私としては20年以上鍬を握ってなく、心配でしたが無事収穫することができました。
私は若い時に椎間板ヘルニアで腰を手術しているのであまり無理ができない。
暑いけど腰にはコルセットを巻き、用心しながらの作業でした。
ジャガイモの種類も男爵とメークインに2種類だけで、量も少なく
午前中で終わることが出来たので、助かりました。
農業も祖父にはよく手伝いをしたけど、父には始めての手伝いだと思います。
来年は作る元気がでるか、あまりにも高齢なので微妙です。
最初で最後の手伝いにならなければいいけど・・・・・。
私はジャガイモが大好きです。
肉ジャガ、ジャガイモサラダ、ジャガイモコロッケ、ジャガバタ、ポテトフライ等々。
父が農業をやめても、ジャガイモだけは自分で作りたいと思います。

上野原地方では、ジャガイモのことを少し前まで、セイダイモ、セイダンボウと
呼んでいました。
私も祖父母がそう呼んでいるのを聞いたことがあります。
青木昆陽が関東地方にサツマイモを広めたように、石和の代官だった
中井清太夫(せいだゆう)と人が、山梨、奥多摩方面にジャガイモを広めたそうです。
その偉業をたたえて、この地方では、セイダイモ、セイダンボウと呼んだそうです。


 http://www1.ocn.ne.jp/~toda-k/ 


 


 




 

Follow me!

前の記事

防火地域