有効採光面積


有効採光面積
住宅の居室は、窓などの開口部の面積の割合を床面積の1/7以上とらなければいけません。
建築基準法でいう居室とは、居住、執務、作業、集会、娯楽その他これらに類する
目的の為、継続的に使用する部屋と定義されています。
具体的には、居間、台所、食堂、寝室などが居室で、廊下、階段、物入れ、玄関などは、居室ではありません。
採光とは、室内に自然な光を採り入れることをいいます。
居間や台所、寝室に充分な自然光を取り入れなければ、
健康な生活が送れません。
それを未然に防ぐために、開口部の基準が決められています。

(画像)   今日は、東光寺東屋のコンクリート打ち込みの下準備でした。
目地棒の位置を迷ったんですが、最終結論は真ん中にタスキに
入れることにしました。
ひび割れを防ぐ為ですが、入れる場所によって効力が違ってくる。
ひび割れを起こさないひとつの方法としては、コンクリートが固まったら、
水を充分与えることです。
固まらないうちに水を与えると強度が落ちるので、それは絶対駄目です。
ひび割れを防ぐには他に、何通りかの方法があります。

今日の夕飯の材料は、ナス、キュウリ、伏見南蛮、オクラ、レタス、トマト、
モロヘイヤ、バジル。
すごいみんな我が家のミニ菜園で採れたもの。
健康的ですね。

上野原、藤野、猿橋、鳥沢、梁川の皆さんへ。
明日の朝刊のチラシを見逃さないで下さいね。
戸田工務店の見学会のチラシが入ってますので、予約してください。
お待ちしています。
http://www1.ocn.ne.jp/~toda-k/




Follow me!

前の記事

野生のクマ

次の記事

換気