最終検査


今日は宝勝寺の最終検査をしました。
改修工事は仕事の範囲を区切るのが難しいです。
新しく改修したところと、未改修のところとあまり差が出来ないようにするのがポイントです。
改修したところは良いのですが、未改修のところが目立ち、果てし無く改修したくなります。
金額が絡んできますので、何処で終了するかが難しい選択になります。
予算がいくらでもあれば、すべて改修したいですが、なかなかそうはいかない。
宝勝寺の改修は、いかに素朴感を残せるかが、重要なことでした。
構造的に痛みが激しかったので、新しく取り替えた部分をいかに古材と合わせるかで苦労しました。
外部はサッシを使いたくなかったけど、気密性、断熱性と持続性を考慮して、やむおえずサッシを使用しました。
玄関の天井をはずして、真っ黒な骨組みをみせて、大空間の吹き抜けにできた事が大成功でした。

午後はトステムさんと月例勉強会でした。
新商品の勉強と11月に配布するチラシの検討会をおこないました。
私は文章が大の苦手なので、いろいろとアドバイスをうけ、ほぼ原案が決まったので
一安心です。
後は、原稿を作ってくれる人と細部を打ち合わせれば完成です。
トステムさんは20歳代1人、30歳代2人で、私にないものをいっぱい持っています。
私にとっては頼もしい存在ですし、良き相談相手です。
頼りにしています。   感謝!


http://www1.ocn.ne.jp/~toda-k/


 


 


 


 


 


 


 

Follow me!

前の記事

最後の晩餐さん

次の記事

エネルギー確保