大相撲

大相撲初場所は朝青龍が優勝を飾りました。
私としては白鵬時代到来かと思っていたので、意外な結果になりました。
逆にいえば、下り坂の朝青龍がよく踏ん張ったなという感じです。
相撲といえば栃若時代、柏鵬時代、輪島、貴乃花、北の海、千代の富士、若貴
等々の名前が浮かんできます。
相撲ファンとしては、伝統ある国技ですので、いつまでも続いてほしいです。

今日は石和のホテルを朝早く出て、甥っ子の法事に出席しました。
若くして命を失いということは、残念でたまりません。
命は1回失えば永遠に帰ってきません。
若気の至りではすまされません。
反省ですが、大人たちは若者たちに真剣にかかわりをもたないといけないです。
命の大切さを教えてあげないと取り返しのつかないことになってしまいます。
http://www1.ocn.ne.jp/~toda-k/

Follow me!

次の記事

鋼管杭