長期優良住宅先導的モデル補助事業


長期優良住宅先導的モデル補助事業による
〔既存改修〕の受付が開始されました。
既存改修において、耐震改修並びに省エネ改修を同時に行った場合、
通常の改修と比較して余分にかかった費用の2/3について、『183万円/戸当』を
限度として工事費を補助する制度です。
募集戸数は100戸で申し込み受付は平成22年2月26日までです。
詳細は弊社まで問い合わせください。

午後、トステムさんと今年初めての定例会がありました。
議題は,やはり住宅版エコポイント制度の詳細でした。
時限立法なので平成22年12月31日までに着工した住宅で、補正予算の成立日
以降に工事が完了し、引き渡されたものです。
予算は1000億円なので、予想として、早ければ夏、遅くとも秋までには
予算を突破しそうです。
仮に新築工事だけで考えても、1棟が30万ポイントもらえると33万戸分しか
ありません。
昨年度の新築着工戸数は前年度より20万戸少ない80万戸ぐらいに
落ち込んだそうです。
今年度も80万戸だとすれば、早いもの勝ちの状態になりそうです。
あせらせる訳ではないですが、我々が払っている税金を使っての制度なので、
利用したいですね。

午前中は相模原の現場打ち合わせでした。
雨の予報でしたが降りませんでした。
でも、甲府から来たトステムの営業さんが言うには、甲府は朝から降っていた
そうです。
富士吉田はパラパラぐらいだったそうです。
面白いですね。

画像は今日終了した砕石地形です。
http://www1.ocn.ne.jp/~toda-k/



 

Follow me!

前の記事

介護の仕事