カスガイ打ち


長い間待たされました。
今日はいよいよ上棟です。
午前中はクレーンが他の現場に行ったので、久しぶりに材木を手で上げました。
でも、頑張ったので、骨組み、垂木は午前中に収める事ができました。
午後は予定通りクレーンが来てくれたので、破風板、鼻隠し板、野地板、屋根用断熱材、フェルトを上げてもらい、作業も無事終了。
これで、雨でも、雪でも漏られる心配がなくなりました。
一安心です。
お施主さんは、30歳前半。
すごいですね。
若いのに一国一城の主になるんです。
そのお手伝いができて、私も幸せです。
上棟式は正午丁度。
画像は弊社オリジナルの記念のカスガイ打ちです。
カスガイは材木と材木を引き寄せる金物です。
ことわざにある、「子はカスガイ」はこの金物のことです。
私は、家族の絆、夫婦の仲、親と子の愛を、家を造る事によって、
なおいっそう引き寄せ会い、幸せな家庭を築いてもらいたく、
願いを込めて、この儀式を行っています。

http://www1.ocn.ne.jp/~toda-k/





 

Follow me!

前の記事

太陽光発電

次の記事

減築の薦め