物を作り出す事


物を造り出すということ。
建築とは何もないところに、物を造り出すという仕事です。
設計から竣工まで、いやそれからも付き合いがありますから、
その造り出した建物と何十年もの間、関わりを持ちます。
建築家といっても、大先生や建売住宅以外は自分の好き勝手に
家が造れると言うものではありません。
お客さんの建てたい家を設計してあげます。
お客さんの考え7割、建築家の考え3割なんて言われてきましたが、
昨今はお客さん9割、建築家1割りの家が多くなったように思います。
(構造部門に関しては9割以上建築家の考えです)
打ち合わせ段階で、自分で気に入ったプランができ、こんな家を
建ててみたいな〜なんて思ったことがことが何回かあります。
でも、予算の都合等諸事情で採用されないことが多々あるのが残念です。
当たり前の事ですが、お客さんと建築家の意見がぴったり合うということは、
不可能に近い事です。
その中で、お客さんの家に対してのこだわりを引き出し、我々の知識や
経験を生かした提案をしていくのが設計の仕事です。
お客さんは、得てして一つの事にこだわるとそれしか見えなくなります。
住宅はあくまで総合力だと思います。
環境、省エネ、耐震、高気密、高断熱・・・・・ユニバーサルデザインから
住み心地等感性に至るまで、すべてに配慮した家造りが大切です。
それらを取りまとめて、図面化するのが、物造りの第一段階です。


画像は我が家のハク(ライオンラビット) です。
私の役目は一日3回ハクにおやつ(スティック)をあげることです。
ハクは頭が良くて朝と昼はお立ち台(?)に登ってこのような
おねだりポーズをします。
夜はゲージから出してあげるので、私の足にしがみついておねだりします。
とっても可愛いですよ。


 
http://www1.ocn.ne.jp/~toda-k/


 


 


 


 


 


 

Follow me!

次の記事

夢を叶える家