宝剣岳


画像は宝剣岳だけです。
どなたか存じませんが天下を取った気分でしょうね。

材料を仕入れるということ。
木は一本たりとも同じ木はありません。
材種もいろいろあり、使用する場所によって、何を使うか考えなければなりまん。
床板には硬めの木、構造材には力のある木、天井材にはやわらかくて、
見た目のきれいな木等々です。
例えば、何かを造ろうとしても、在庫に気に入った材がないと、仕入れに行かなくてはなりません。
仕入れに行っても、必ず気に入ったものがあるとは限りません。
ない時はどうするか?
私の場合は、材木屋の営業さんに探してもらいます。
今はインターネットの時代なので、全国から画像と価格が送られてきます。
長さ、幅、厚み、木目、価格等が希望にあえば、
そこで売買成立です。
でも、先ほど言ったように、同じ木はないので、
出会うタイミングが大切です。
家を造るには、一本一本の木との出会いから始まります。
皆さんの住んでいる家の木も、よい出会いがあったから、そこにあるのです。
そう思うと愛おしくなりませんか?
人間だって、今生きている何十億人の中から出会えたのだから、
もう少しお互いを理解して、仲良く付き合いたいです。
『袖すり合うも多少の縁』昔の人いいこと言いましたね。

http://www1.ocn.ne.jp/~toda-k/


 


 


 



 

Follow me!

前の記事

ヒョウ

次の記事

6か月点検