省エネ住宅の基本

省エネ住宅で大切な事
省エネ設備や部材を寄せ集めた住宅を、少エネ住宅と呼ぶのは
無責任のような気がします。
建築本体を高気密性、高断熱性を高めないと意味がないと思います。
具体的には、屋根、壁、床(基礎)の断熱を一体化し、高性能サッシ、
熱交換型換気設備を採用することです。
少エネ住宅の基本は建物本体です。
民主党さんが天下を取ったので、益々環境問題が厳しくなりそうです。
建築家は官僚、政治家よりもっともっと勉強して、リード役にならないと時代に
おいて行かれます。

昨夜は妻がイカを二杯買ってきてくれました。
刺身用だったので皮をむいて、自家製塩辛を作る事にしました。
もちろん、皮は妻がむいてくれたので、仕込むだけ。
(いつもいいとこどり)
今朝、わたを混ぜて瓶詰めにしました。
昼に試食したけど超ウマでした。
やはり、塩辛は自分で作るのが最高。
http://www1.ocn.ne.jp/~toda-k/








Follow me!

前の記事

建築情報発信

次の記事

長期優良住宅