GL(基本となる地盤面の高さ)


今日の現場は鋼管杭を打設するための、位置指定作業。
これは正確に指定しておかないと、鋼管杭がずれると、折角打った杭が
計算通りに力を発揮しない。
慎重に、慎重に。
位置指定と同時にGL(基本となる地盤面の高さ)を設定しなくてはならない。
敷地は平らだと思っているけど、平らの敷地はあまりないのが実情です。
GLの設定により、これからの建物の高さ関係に影響が出ます。
斜線関係の法律が絡む敷地では、設定を間違えると現場検査で合格しない事が
あるので、大変です。

今日は暖かったです。
フキノトウも大分大きくなりました。
明日は住宅版エコポイントの講習会が甲府であります。
来月は住宅瑕疵保証の講習会、再来月は建築士の定期講習会と
毎月講習会があります。
建築界は変革期です。
勉強しないと時代においてきぼりにされます。
只、官僚主導が気に入らない。
民間業者の意見をもっと聞いてほしい。
いい家造りのためのアイディアをもった人は、いっぱいいると思いますが。

http://www1.ocn.ne.jp/~toda-k/

Follow me!

前の記事

強固な地盤造り