C値 気密性能:相当隙間面積

今朝8時頃、中央道下り線の岩殿山付近を通過。
紅葉の岩殿山を取り巻くように、朝もやが立ち込め、
おまけにその上に虹が出ていました。
年に何回もないシャッターチャンス・・・・・。
でも、一人で運転中なので何もできない。
残念だけど、目に焼き付けるしかない。
本当に残念でした。

笹子の手前までは晴れ間が見えて、天候も回復していました。
でも、トンネルを過ぎたら、いきなり濃霧。
視界が50mくらいしかありません。
恐かったです。
トンネルを境に天候が違う事が多いので注意しないと危ないです。

今日は気密測定。
C値といって建物の相当隙間面積を測りました。
内部の空気を一定量抜いて測定するので、空気圧がかかり、
玄関ドアは力のない人には開けられなくなります。

スーパーウォール工法の家では、
 Q値・・・断熱性能  (熱損失係数)
 μ値・・・日射遮蔽性能  (夏期日射取得係数)
 C値・・・気密性能  (相当隙間面積)
上記の数値が性能報告書としてお施主さまに報告されます。

http://www1.ocn.ne.jp/~toda-k/

Follow me!

前の記事

親孝行

次の記事

記念碑