丹精込めたもの

暮れになると沢山頂き物をします。
丹精込めた手作り品が多いです。
白菜のお新香(樽ごと)、自家製梅酒、手作りコンニャク、
つきたてお餅、ゆずジャム、夏に取れた鮎の冷凍等々
手のかかる品です。
私だったら、手間隙掛けて作ったものだと、もったいなくて
あげられないかも・・・。

今日はカレンダー配りの最終日(のつもりがまだ少し残ってる)
最後は、毎年都留市のOBさんのところに行って、
お茶をご馳走になって帰ります。
自分の丹精込めた家を眺めながら、いただくお茶は最高です。
年毎に風合いが増す柱、梁、垂木・・・心なごむひとときです。
来年も頑張ろうという気にさせられます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

ボランティア精神

次の記事