タイル工事

今日笛吹市の現場では、タイル屋さんが玄関、ポーチの

仕事をやっていました。

バリアーフリーの関係から、玄関土間と框(土間とフローリングの堺にある横木)、巾木の差が

20センチ以下になってきています。

框、巾木の既製品が15センチなので、

立上りタイルに3センチくらいのタイルを張ることが多くなってきました。

玄関外部は、基礎高を地面から40センチは最低取りたいので、外部階段を造るのに

玄関土間からの高低差があり頭を悩ませます。

いっそのこと、スロープにすれば良いのですが、長い距離が必要になり、

狭い敷地では理想的な勾配がとれないことが多いです。

いずれにしても、タイル屋さん泣かせの工事が増えた事は確かです。

午後は八王子の現場に。

流し台は和風にしたいので、シンクとIHクッキングヒーターを杉板に

はめ込むよう提案したら採用されました。

楽しみな工事になりそうです。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

個人情報保護

次の記事