先日、車椅子生活者の友人と話をしました。

おいしそうなお店があり、食べに入ろうとしても10センチ以上の

段差があれば、性能の良い車椅子であっても、入っていけないそうです。

バリアフリーやユニバーサルデザインが随分前から叫ばれているのに、

まだまだなんですね。

入口も自動引戸ですとスムーズに入れるけど、手動ドアですと一人では

なかなか困難です。

日本では、まだまだ車椅子生活者や老人対策が遅れています。

建築屋として恥ずかしいことです。

 

寒い寒いと言っても、事務所の水道が今年は1回しか凍りません。

車で早朝の道路を走っても、凍っている箇所が殆どありません。

以前だと、何箇所も凍っていて、随分怖い思いもしました。

この分だと、スタットレスタイヤに交換しなくてもよかったのかな。

やはり、地球温暖化の影響ですかね。

道路に関しては、スリップ事故が減ってよいのですが。

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

タイル工事

次の記事

梅花