完了検査

今日、笛吹市の現場で完了検査を受けました。

完了検査とは、図面や提出書類に基ずいて、現場で忠実に工事したかチェックを受けます。

例えばクロス工事(壁紙)では、シックハウスのチェックを受けます。

まず、糊と壁紙の認定品の証明書、出荷証明書が必要になります。

現場での搬入製品と施工写真が必要です。

提出書類では、基礎工事を例に取れば、地盤の許容支持、基礎仕用計画書、鉄筋の検査証明書、

コンクリート強度試験報告書が必要になります。

 浄化槽の位置確認、品番確認から始まり、住宅用火災警報器まですべての項目が、厳しくチェックされました。

とりあえず、現場検査が終わったので、今はホッとしています。

 

 この現場検査に合格すれば検査済書が発行されます。

検査済書がもらえれば、フラット35S、10年の瑕疵保険長期優良先導モデルの補助金申請に添付できます。

これらの書類を作るのも私の大事な仕事です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

カレー作り

次の記事

99歳