青焼き図面

今日は本来ならば戸栄会ゴルフコンペでした。
震災を思い早めにキャンセルしたので、寒い雨に濡れないですみました。
お陰で今日は一日事務所で改築工事のプラン作りができました。

お施主さんからお預かりした図面は、なんと42年前書かれたものでした。
まず、A1サイズの大きさにビックリ、しかも全30ページがゴム印以外は手書きでした。
芸術作品を見ているように感動しました。
今ではほとんど見られなくなった青焼き図面。
(設計事務所入所当時は主に新人が青焼き担当でした。
ステンレス缶にあの臭いのきついアンモニアを入れて
目から涙を出しながら図面を焼き付けたものです)
でも、一番の感心したのは、木造を本当に理解している人の図面でした。
もしお会いできるものなら、一度お話しをしてみたいと思いました。

こんなすばらしい人が設計した家なので、これを引き継ぐ私としては
それ以上の仕事をして後世に引き継ぎをしなくてはなりません。
プレッシャーはあるけど、やりがいのある仕事です。

外は雨・・・。
祭日なので電話も鳴らない。
すばらしい図面を眺めながら一人静かに考える。
あっというまの一日でした。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

ジャガイモつくり

次の記事

長期優良住宅