画像は我が家の家庭菜園です。
正面に見えているのが、今年新に作ったきゅうり用棚です。
画像右側の桁はほぼ水平ですが、左側の桁は階段の
上になるので、勾配がついていて奥にいくほど、高くなっています。
したがって、画像では垂木がプロペラ状に見えます。
この構造を理解できた人は、建築のプロ級です。
棚の下のグリーンが、合板(28mm)に人工芝を張った階段です。
滑り止めの効果もあります。

菜園は、6段になっていて、段の材料は全て廃材利用です。
6段になるまでには3年かかっています。
土は総合計で2トンダンプに5台分入れてあります。
毎年バージョンアップしています。
勿論、来年の計画案も出来上がっています。
私の役目は、菜園本体を作る係りで、野菜を作るのは、妻が担当しています。

建物の窓の前には、枠を組んでネットが張られています。
これにゴーヤや朝顔が這い上がれば、グリーンカーテンの誕生です。
予定では、1ヶ月かかりそうです。

本業がおろそかになってはいけないので、程々にしないとね。
今年は、これで妻にバトンタッチです。

 

tana .jpg

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

古民家再生

次の記事

鷲ヶ峰