職人がいなくなる日

消え行く職人 職人がいなくなる日。

最近の住宅は、いかにコストを下げるか・・・言い換えれば職人の手間仕事を
いかに減らすか、という考えが多くなりました。
建具は注文建具より既製品に、
塗装の仕事は、なるべくなくして貼物材を使用して塗装はなくす、
左官の仕事もなくして、すべてクロス貼りに、
畳の部屋をなくして、すべて貼物のフローリングに、
大工の手間を省く為に、和室の柱等を見せないですべて覆い隠す(削りや刻みがいらなくなる)
この結果、建具屋、塗装屋、左官屋、畳屋さんの仕事がなくなります。
大工もノコギリ、カンナを使えない人が増えてきました。
工場で生産されたものを、ビス止めするだけなので、ノコギリやカンナを使えなくても仕事ができます。
これでは、とても職人と言えません。
我々の使命は、本物の材料を使って、健康や環境に良い家造りをすること。
すぐれた建築文化を後世に伝えること。
そんな意気込みで頑張っているのですが・・・なかなか厳しい時代になってきました。

妻の家庭菜園のヤーコンです。
昨日、2株あるヤーコンを1株だけ掘ってみました。
食料不足?の時代になったら、ヤーコンは1株でこんなに大量に収穫できるので、
お奨め野菜です!
我家では、煮物、天ぷら等色々な料理に使っています。
葉も食べられるようなので、まさに万能野菜です。
原産地はアンデス。
オリゴ糖を多く含んでいるそうです。

ヤーコン.jpg

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

次の記事

車庫配筋