欅の恐さ

画像は昨年の12月29日に完成した、玄関周り改修工事の現場です。
概要は、玄関は外部柱、中鴨居類の新設と、引き込みサッシの交換、
並びに玄関収納の交換でした。
今日行ってみたら、37,5センチある中鴨居の欅にヒビが入り始めていました。
あまり手に入りにくい幅広の欅で、仕入れの時、裏を見たら真っ黒。
最低でも、製材してから20年以上経っていると思もわれたので、
安心して購入したシロモノです。
とっても、ガッカリしました。
欅は難しい・・・・・。
明日現場に行って、少しからかってみます。

大分前の話ですが、ある旧家に仕事に行ったとき、『物置に50年前に
製材した欅の板があるのでそれを使ってくれ』と頼まれました。
丸鋸で挽きはじめたら、板が動き出してまともに挽けなっかことがありました。
材木は何年ねかしておいても、動く木は動きます。
特に欅は恐いです。

今回のひび割れは、長年日の当たらないところに保管されていたものが、
日の当たるところに出されたのが、原因と思われます。

古玄関.jpg

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

コラボ

次の記事

玄関改修