山梨県木造住宅耐震診断、補強計画

昨日、今日と連続で甲府に行ってきました。
昨日はお客さんと打合せ、今日は山梨県建築士事務所協会主催の
「山梨県木造住宅耐震診断・補強計画マニュアル講習会」がありました。
講習場所はあの有名な山梨県立美術館と同一敷地にある山梨県立文学館の講堂。
朝9時半から休憩時間は昼休み以外は特にもうけず、ハードなスケジュールでした。
最後に行なわれる考査(試験)に合格しなければ、再講習だそうです。
私は眠気に負けなかったので、何とかなると思います。
それにしても、イスとイスの間隔が狭すぎます。
私みたいに体格の良い人?は、エコノミー症候群にかかりそうでした。

 

耐震診断

建物がその耐用年数の間に数度遭遇する程度の中地震地震では機能を保持する事、
一度程度遭遇するかもしれない大地震では崩壊から  『人命の保護』  を図る事が
求められています。

建物は命を守る器  戸田工務店のモットーです。

「耐震リフォームしても、近いうちに大地震がきて、建物が壊れてしまったらもったいないから
リフォームしない」 なんて間違った考えをしている人が多いようです。
命あってのお金です。

 

県立文学館.jpg

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

エネルギーゼロ

次の記事

営業