電力需要

5日の某新聞に、今夏の電力需給が全国でもっともひっ迫する
関西電力がオール電化住宅の販売促進を続けていると批判の
記事が掲載されていました。
確かに、この時期最な意見に聞こえますが・・・。
オール電化を否定するのは、ある意味電気の変わりに、
化石燃料を使えというふうにもとれます。
地球温暖化の要因の一つ、二酸化炭素削減をしてきたのに、
逆戻りしているように思えます。
再生可能なエネルギー(太陽光、地熱発電、風力発電等)の
開発が益々期待されます。
私の理想は、太陽光+蓄電器+オール電化で、
自分の家の燃料は自分で賄う。
これが叶えられたら、最高です。
政府の方針はころころ変わるのであてにならない。

画像は妻のシンピジュームです。
二年前に妻に株分けしてあげたものです。
妻の部屋は東南の角部屋なので、私のより早く咲きました。
部屋の向きより、愛情込めて育てているので、その差が出たのかな?

 

シンピジュウム.jpg

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

補助金

次の記事