鳥居修理

 昨日、加工場に直径約50cmの欅が運びこまれました。
某地区の鳥居の脚が腐食して、傾き始めたので、修理を依頼されました。
最初は予算がないのでコンクリートで巻く意見もあったそうですが、
本来の鳥居の姿に戻して保存したいという意見が多く、
結局、弊社に依頼が来ました。
この丸太は、鳥居の腐食した部分に、付け足すための木です。
(地区の有志の寄贈です)
鳥居を立てたまま修理をやる予定ですので、
非常に難しい作業になります。
秋祭りまでの完成をお願いします・・・と言って地区の人たちは帰って行きました。
私の都合は・・・?。

 

鳥居脚.jpg

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

長屋門外構

次の記事

期日