真壁工法

最近の新築住宅は、柱を覆ってしまう大壁工法が主流です。
10年ぐらい前は、柱を現した真壁工法でしたが、真壁工法ですと、
柱にカンナをかけたり、仕上げに磨き工事が入ったり、又、真壁ですと、
主に左官屋さんの仕事だったりと、手間隙がかかり、工期も長くかかります。
それに何と言っても、予算が多くかかります。
そんな訳で、ハウスメーカーで真壁工法を採用している会社は殆どありません。
一般工務店も価格競争におされ、今や大壁工法が主流です。
予算と工期がありましたら、できることでしたら真壁工法で、桧の柱を
見せてもらえれば、本当に意味で、長期優良住宅が実現できます。
観光でも、木を上手に使った、古い宿場町、町並みが人気です。
本物の良さを、分る人が増えて欲しいです。

水車.jpg

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

茅葺屋根の棟

次の記事

ひじろ