カスガイの役目

ミニ菜園の一部です。
栗の木(180×180)の廃材利用です。
2m×1mしかありません。
今年はカボチャとスイカを植えましたが、スイカは失敗でした。
今はラデッシュが生えてます。
ですが、私の菜園ではありませんので・・・。

縦に細長い金具が何本か見えると思います。
この金物を『カスガイ』と言います。
画像の材木は、ビス止めして、最後にカスガイで止めてあります。
子はカスガイ・・・と言われるように、夫婦間を深く結びつけるのは、
子供の存在です。
カスガイは、木と木をしっかり引き寄せて、固定する役目を持っています。
戸田工務店の上棟式では、このカスガイに紅白のリボンをつけて、
家族全員に柱、梁に打ち込んでもらっています。
天井裏に、いつまでも、カスガイが打ち込んであるのを、お忘れなきよう・・・。
いつまでも、家族仲良く住んで欲しい   私の願いです。

 

ミニ花壇の一部jpg.jpg

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

遠距離

次の記事

12月は特殊な月