いたずらもの

昨日は大月、青野原、高尾と廻ってきましたが、大月の裏通りの残雪が
一番酷かったです。
踏み固められて、分厚い氷になっていました。
対向車があると、広いところで待っていないと、滑って危ない。
凍られるとなかなか溶けないので、凍る前が勝負ですね。

 

何の画像か想像できますか?今日撮ったものです。
500坪ぐらいあるかな。
昔、田んぼがあったところが、今は藪になっています。
その藪の端っこのところから、点々と小さな動物の足跡が、いきなり
でてきました。
黒点は糞のようですが、あまりにも小さいです。
この辺に住んでいる動物は、狸、狐、リス、ウサギ、イタチ、テン、ムササビくらいかな。
出てきた穴も小さいし、可能性としては、テン、イタチかな?
足跡が見られるようになったのは、17日位からです。
雪が降って4日は藪の中だけで生活していたようですが。
野生の動物にとっては、冬は厳しすぎます。

我家の周りには、いたずら者がいます。
先日は、勝手口に置いてあった妻のサンダルの片方が、歯型を付けて菜園に
置いてありました。
私のゴルフ練習用ゴムのティーは、食いちぎられているし、(この冬2個目)
30cm×60cmのマットは、いまだ行方不明です。(仕方ないので次のを買ってきて、その都度
高いところに片付けています)
みかんやりんご等を置くと、当然一晩でなくなります。
一度お会いしたいと思っています。

藪の下.jpg

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

工藤艦長

次の記事

怖い笹子トンネル