通気工法

 

外壁通気工法です。
現在、スーパーウォールの上に透湿シートを張って木製胴縁を打ち付けたところです。
この胴縁の上にサイディングを張っていきます。
基礎上部の水切り鉄板の上から入った空気は、通気層を通って小屋裏に行き、
最終的には軒裏通気口や屋根にある棟換気を伝わって外部に出ていきます。
通気工法は、壁の中にある湿気を透湿シートにより通気層に導き出し、
外部に逃がす工法です。又サイディングに雨漏りがあった場合は、通気層を伝わり
基礎水切りにより外部に流れます。
建物の耐久性を増す方法のひとつです。
近年、リフォーム等でも、従来あるモルタル仕上げの壁に、通気工法を採用して、鉄板サイディング
を張るケースが増えてきました。メリットとしては、壁にひびが入らない、壁が二重になるので、
断熱効果が増す、建物の耐久性が増す等が考えられます。
でも、リフォームの場合、特に空気の流れを考慮しないと、効果は半減します。

gaikann .jpg

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

気密測定

次の記事