初めて目にした雪崩現場

2月19日 棚頭奥山地区に向かう途中の道路です。
4軒が孤立状態だったので、状況確認に行ってきました。
市議会議員、市役所職員、区長さんと私の4名です。
道路にある雪崩の上を歩いている画像です。
この雪の下に道路が埋っています。
この状態が約700メートル続いています。
この後、左側の対岸に渡り、道のないところを区長さんの案内で歩行。

やっとたどり着いた一人住まいの家で、『食べるものはいっぱいあるので
心配なんか要らない!』と言ったおばあちゃんの笑顔がやけに
印象に残りました。

歩行時間 市役所出張所から片道1時間30分。

 

 

棚頭.jpg

 

 

Follow me!

前の記事

救援物資

次の記事

命がけの作業