小屋裏補強

 

この地方で古くから行われている「うし」と呼ばれている合掌の一種です。
昔、養蚕を小屋裏で行っていたため、作業の効率化をはかるため、
柱、束の数を減らすのに、有効な工法でした。
でも、老朽化した構造材には、柱や束で補強することが、必要になりました。
一度壊れた建物を再生するのは、至難の業です。
壊れる前の対策をお奨めします。
地震、台風、大雪、大雨に耐えうる補強工事です。

うし.jpg

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

蔵屋