相見積もり

新聞、雑誌等で、どんな小さなリフォーム工事でも
相見積もりを取るようにという意見が多くあります。
果たして・・・プロとしては疑問符が付きます。
実際に2,3社から見積りを取っても、内容が分からず
総額の単価で判断するしかできないと思います。
例えば、断熱材をとっても性能により、単価はまちまちです。
サッシやガラス、住宅で使われているどんなものでも性能により、
単価はピンキリです。
その結果、総額勝負だと、粗悪品をつかまされることになります。
相見積りを取りたいなら、ある程度建築を勉強して、
単価、工法に詳しくなる必要があります。
それより、信頼できる工務店、建築屋を探した方が
安心して仕事を任せられると思います。
特に、訪問業者なんて、危険すぎます。

SONY DSC

SONY DSC

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

小屋組

次の記事

地盤調査