CO2を減らす基

木の勉強

木の世代交代
若い木ほどたくさん二酸化炭素を吸収し、
たくさん酸素を出します。
老齢の木には家具や建材として第二の循環へ移行させ、
二酸化炭素を木の内に留めてもらうことが大切です。
さらに地域の木材を使うことで、運搬時の二酸化炭素の
排出量を抑えることができます。

循環
①植林~②伐採~③運搬~④建築材など⑤廃材の再利用(木質繊維板や木質チップへ)

日本の木と暮らす(国産材等流通促進協議会)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

猛暑日続く

次の記事

懐かしき人々