吊束

画像は鶴島のリフォーム現場です。
吊束といい、間口が1.8m以上ある鴨居等を
中間で上から支える束です。
四角い穴は、吊束を刺す梁や桁から込み栓という
四角いものを打ち込み梁や桁から連落ちるのを
防ぐ役割をします。
現在では込み栓の役割をカスガイという金物で
代用します。
若い大工さんは、リフォーム現場で先人の技を
盗みます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事