古民家の湿気対策

古民家再生の根本
木造住宅の長期保存は何といっても、雨漏りを避けることと、
シロアリ対策。
雨漏りは、複雑な屋根の形状に多く見られます。
内部のリノベーションはともかく、雨漏りのできそうな個所の
単純な形状と勾配をきつくする努力を。
間取りに主眼があるので、屋根のことはあまり考慮しない人が多い。
これでは、せっかく再生しても、雨漏りができると長持ちがしない。
しかも、雨漏りが起こると、木材も湿気てシロアリが住み着きます。
長梅雨なので、もう一度住まいの湿気対策を考えるチャンスに。

今日も雨、明日も雨。
未だジャガイモを収穫するチャンスなし。
大丈夫なのかな?不安になってきた。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

クワガタ