棚卸


今日は棚卸。材木は乾燥させてから使うが大原則。
以前は2、3年使うぐらいの材木をストックしていました。
遠くの材木市場までよく買い出しに行きました。
現在、一般住宅はプレカットなので、構造材はすべて機械乾燥材になり、
造作材も殆ど乾燥材で入荷するようになりました。
今、在庫として持っているのは、急には手に入らないものや、特殊な幅広材、こだわりの逸品とかです。
機械乾燥が普及したおかげで在庫が必要でなくなり資金的にもだいぶ楽になりました。

こだわりの逸品に6寸角檜柱(18?)、5寸角檜柱(15?)各1棟分、
テーブル用欅3m×90?×12?、欅大黒柱等々があります。
出番を待っていますよ。
一戸建て新築住宅、リフォーム、工務店

Follow me!

前の記事

竹馬の友