耐震等級

とんでもない地震でした。
被災者の方々にはなんと言っていいのか、言葉がみつかりません。

自然に対して人間は何も太刀打ちできません。
自然災害が起きるたびに、人間の無力さを感じます。
日本は地震列島と言われて、世界でも有数の地震国です。
我々、建築屋も勉強して地震に耐える家造りをしていますが、
あの津波の恐ろしさを見てしまうと、家を建てる位置から考えないといけない事が
よくわかります。
縄文人なら自分の好きなところに、自由に家を建てられたのかもしれませんが、
現代人は金銭的、通勤、通学、通院、買い物等を考慮して
土地を探さなくてはいけません。
これから新たに土地を探す方は、災害の可能性の低い敷地を探すべきです。
自分勝手に土地を探さないで、必ず専門家に相談すべきです。

現在の建築基準法は耐震等級1です。
長期優良住宅では、耐震等級2でないといけません。
私は耐震等級2以上の家造りをお奨めいたします。
デザインに金をかけるより、”命を守る器”のために金を掛けた方が良い。
これが私の信条です。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

表彰状

次の記事

深い悲しみ