リフォームは家の診断のビッグチャンス

今日は28日に八王子に行ったコースと同じでした。
時間もほぼ同時刻。
相模湖経由(一般道)で帰ってきましたが、天候が全然違いました。
28日はドシャブリ、雷が凄かったですが、今日は快晴。
車で動くのも、天気の方が心地よいですね。

某現場で、台所の床を壊したら、土が湿っている。
何年か前に、白蟻業者さんがきて、床下に防湿の為、白い小さな塊?を
撒いたそうです。
残念ながら、それは全然効果なしでした。
床下が湿気る原因は、樋からの雨排水を処理してないので、雨が降ると
敷地内に水が溜まり、それが徐々に建物内部に浸透してくるようです。
まず、雨水を敷地の外に排水する事を提案。
と同時に、床下の換気量が足りないので、ソーラータイプの換気扇を提案。
(床下に防湿コンクリートを打設するのも効果的です)
床下が湿気ると、白蟻の住処になるし、建物内部に湿気が侵入して
カビ、ダニの発生にもつながり、人間の健康にも影響を及ぼします。
床下は建物にとっても、大事な場所です。
リフォームは床下を診断するチャンスです。

我家の花をブログに載せていると、
花の種類の多さに自分自身びっくりしています。
でも、あまり手入れをしないので、毎年自然に咲く花が多いです。
画像は、牡丹の花です。

ボタン.jpg

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

マナー

次の記事

耐震診断法