建築用材 栗の木

この地方では、土台に栗の木を使えれば、最高住宅。
栗の土台は、土に埋もれても3代持つといわれています。
でも、最近は殆ど需要がなくなっています。
栗は腐りにくい木。
縄文式住まいに栗が多用されていたそうです。
縄文人がそのことを知っていたなんて、不思議ですね。
栗は山の恵み、一生を終えたら、今度は建築用材。
人類に貢献しています。

県道沿いに、フェンス代わりに仮設足場の歩み板をたてて、
それにプランターをかけてあります。歩み板も再利用です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

五輪の書

次の記事

適材適所